嫌いな形の胸を手に入れたいなら補正ブラを着けよう

ウーマン

ケアアイテムを使いこなす

ブーツ

汚れを落とすことが大事

レディースブーツの素材には高級感のある革をはじめ、秋冬の定番のスエード調素材があります。お手入れや保管も次回のファッションに反映されるため、手間を掛けても行っておきたいケアです。お手入れは、汚れ落としのみならず、革製品ではシワがよったり、ロング丈では筒部分がクタッと折れて古びた見た目を印象付けるため、重要です。レディースブーツの種類にはレース編みもあり、靴紐を外し、靴紐は革素材でなければぬるま湯を含ませたタオルで汚れを拭いておきます。レディースブーツ本体は、まず、埃やゴミを取り除くため、靴専用のブラシでブラッシングします。手持ちがない場合には、使い古した歯ブラシを用いるのも手の1つです。ハード系のブーツの場合、革もひび割れを招きやすく、傷を保護する目的も兼ねてミルクオイルを馴染ませます。この時、ブラッシングを怠ることで埃などが素材を傷つけてしまい兼ねないので、埃や泥汚れはしっかり取り除きます。オイルを塗った後は、乾いた布でオイルを拭き取り、優しく磨きます。最後に防水スプレーを吹きかけるのも重要です。レディースブーツは繊細な作りのモノが多く、金具などは水垢やカビも気になる点で、特に湿気に対する手入れは必須です。レインブーツとは異なり、雨に濡れた際には乾いたタオルで水滴を拭き取り、直射日光の当たらない風通しの良い場所で乾かします。また、キレイに保つツヤ出しスプレーや消臭スプレーを最後に吹き付けておくことも大事です。スエード素材も同様、埃などはスエードクリーナーのブラシで毛並みを起こすように、汚れをかき出しながらブラッシングし、その後の行程はほぼ革と同じです。また、ブーツの保管も大切で、状態の良し悪しに繋がります。ブーツキーパーがベストですが、新聞紙や厚紙などを入れて形を整えます。その後、乾燥剤の入ったシューズボックスに保管し、定期的に風を通しておくことでカビ臭も半減されます。